(会員の方々には英文校正等割引サービスがあります。詳しくは学会事務局までお問い合わせください。)

Japan Society of Organization and Accounting
For the purpose of making a contribution to the business and academic communities, Japan Society of Organization and Accounting (JSOA) is committed to publishing the book series, coherently entitled Japanese Management and International Studies, with refereed system.

English
日本組織会計学会は、主として日本企業のマネジメント・システムの研究を推進し、それを海外で発表することによって、世界の産業界と学界に寄与することを目的として、創立されました。

 経営学に関する審査付き英文書を、”Japanese Management and International Studies”と称するbook seriesとして定期的に海外で刊行し、世界中で読んでいただけるようにしています


 
日本型経営システムの英文書シリーズ
"Japanes Management and International Studies" 

Vol. 1 Value-Based Management of the Rising Sun (Japan)
Vol. 2 Japanese Management Accounting Today
Vol. 3 Japanese Project Management
Vol. 4 International Management Accounting in Japan
Vol. 5 Business Process Management of Japanese and Korean Companies
Vol. 6 M&A for Value Creation in Japan
Vol. 7 Business Group Management in Japan
Vol. 8 Management of an Inter-Firm Network
Vol. 9 Management of Service Business in Japan
Vol. 10 Management of Enterprise Crises in Japan
Vol. 11 Entrepreneurship in Asia
Vol. 12 Lean Management of Global Supply Chain
Vol. 13 Management of Innovation Strategy in Japanese Companies
Vol. 14 Holistic Business Process Management
Vol. 15 Fixed Revenue Accounting: A New Management Accounting Framework
Vol. 16 Sustainability Management and Business Strategy in Asia
Vol.17 Management Control Systems For Strategic Changes: Applying To Dematurity And Transformation Of Organizations
Vol.18 -Forthcoming Management Accounting for Healthcare


日本組織会計学会 第4回全国大会(2021年度)開催

2021年11月13日(土)~14日(日) 成城大学
統一論題:Management Accounting for Healthcare
 第4回全国大会開催記録

座長 島 吉伸(近畿大学)
 第1報告 松尾貴巳(神戸大学)・新井康平(大阪府立大学)
「医療機関におけるコスト情報と管理ー整形外科手術コストの分析事例ー」
 第2報告 阪口博政(金沢大学)
「日本の医療システムと病院マネジメントの概要-医療の質の観点から管理会計システムの導入状況に焦点を当てて」
 第3報告 梅田宙(高崎経済大学)
「病院における原価計算の活用実態-影響システムと情報システムの観点からの考察-」


自由論題
司会:井岡大度(国士舘大学)
 第1報告 平山睦喜(広島大学大学院・博士課程後期)
「日本企業のインタンジブル資本の情報開示、財務パフォーマンスおよびコーポレートガバナンスの関係性に関する考察」
 第2報告 明珍儀隆(明治大学大学院・博士課程後期)
「制度論に基づく管理会計チェンジ研究に関する文献レビュー:管理会計体系による分類」

司会:尾畑裕(一橋大学大学院)
 第3報告 挽文子(一橋大学大学院)
“Revenue Management for Customer Success”
 第4報告 青木章通(専修大学)
「レベニューマネジメントの効果的実施のための顧客管理会計の役割」
 第5報告 浅石梨沙(西武文理大学)「レベニュー・マネジメント研究におけるプライシング・ケイパビリティ概念の意義」


2021年度 第1回 日本組織会計学会研究会
●日時 : 2021年7月31日(土) 午後14時00分から(ZOOM)
(1) 深谷友理(明治大学大学院) 「ホテル業におけるコントロールシステムの相乗効果に関する検証」
(2)島崎杉雄(国士舘大学) 「買収プレミ"ムとのれんの構成要素」
(3)岩渕悠希(明治大学大学院) 「オペレーションレベルにおける方針管理の役割の検証:予算管理における会計情報の翻訳機能への着目」

2020年度 第1回 日本組織会計学会研究会
●日時 : 2020年12月20日(日) 午後14時00分から(ZOOM)
(1)豊崎仁美(日本学術振興会特別研究員、明治大学大学院博士後期課程):マネジメント・コントロール・システムによるマネジャーの意図の伝達が現場従業員の態度に与える影響
(2)児玉麻衣子(日本学術振興会特別研究員、明治大学大学院博士後期課程):チーム成果に影響を与えるマネジメント・コントロール・パッケージ
(3)天王寺谷達将(岡山大学):複数価値を追求する会計を捉える視点
(4)片岡洋人(明治大学):サービタイゼーション下でのレベニューマネジメントと製品原価計算

2019年度 第2回 日本組織会計学会研究会
●日時 : 2019年12月7日(土) 午後13時00分から
●場所(研究会会場):成城大学8号館1階 Lounge#08
●研究会: 午後13時00分から17時15分まで
(1)藤原靖也(和歌山大学):医療専門職におけるコスト意識と逆機能的行動(仮題)―サーベイ調査による検討―
(2)浜田和樹(岡山商科大学):ファイナンシャル・サプライチェーン(FSC)の管理の重要性―キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)による管理―
(3)松尾貴巳(神戸大学):行政サービスのアウトソーシングと組織間コントロール
(4)塘 誠 (成城大学):In-out M&A後の管理会計統合の課題―D社とE社の事例
(5)門田安弘(筑波大学):デジタル時代のモノづくり-自動運転・電動化・Maas・IoTなどに対応する「オープン化」の戦略

2019年度 第1回 日本組織会計学会研究会
●日時 : 2019年10月19日(土) 午後13時00分から
●場所(研究会会場):明治大学駿河台キャンパス リバティタワー8階1086教室
●研究会: 午後13時00分から17時00分まで
(1)山脇香織(淑徳大学):アンケート調査による顧客内シェアの測定方法の検討
(2)明珍儀隆(明治大学大学院博士後期課程:顧客管理会計における意思決定の研究
(3)金田直之(学習院大学):日本の不動産評価・融資慣行の特質―「法定耐用年数」の影響について
(4)井岡大度(国士舘大学):キャッシュ・コンバージョン・サイクルにもとづく財務分析について

---------------------------------------------------------------------------
日本組織会計学会第3回全国大会 (2019年度)開催
201年6月2日(土)~2日(日)
名古屋学院大学
統一論題;「戦略変更のためマネジメント・コロールシステム」
6月22日(土)会員総会,統一論題報告・討論,懇親会
6月23日(日)自由論題報告
2019大会プログラム

日本組織会計学会第2回全国大会(2018年度) 開催
201年6月2日(土)~2日(日)
明治大学 リバティタワー(東京都千代田区神田駿河台1-1
統一論題「SDGs時代の会計の役割 」
6月23日(土)会員総会,統一論題報告・討論,懇親会
6月24日(日)自由論題報告
2018大会プログラム

日本組織会計学会第1回全国大会(2017年度)開催
201年6月2日(土)~2日(日)
成城大学
統一論題「固定収益会計―Fixed Revenue Accounting」
6月24日(土)会員総会,統一論題報告・討論,懇親会
6月25日(日)自由論題報告
2017大会プログラム
第1回全国大会開催記
    Copyright © 2005 Japan Society of Organization and Accounting